スポーツ国際開発について

スポーツと国際開発

スポーツは、社会開発のための重要なツールとして、国際社会において認識されています。教育、ジェンダー、貧困、健康、平和構築など社会課題の解決に、スポーツを通じた活動が広がるなか、より高度な知識と能力を備えた人材が必要とされています。

「スポーツ国際開発学共同専攻」は、国内外で生じているこれらの課題解決にスポーツを通して貢献できる人材の育成を目指す修士課程です。
筑波大学、鹿屋体育大学、そして日本スポーツ振興センターの三機関が共同して、スポーツを通した国際開発と平和に関する実践的能力を養う教育プログラムを提供します。

ページの上に戻る